2020年04月10日

【スルーされそうな場所も神経を行き届かせる】

また突然の更新です。
今、世界中がコロナウイルス感染症で深刻な状況に包まれていますが、このブログをお読みくださっている皆様はお元気でお過ごしでしょうか?

昨日、ファミリーマートさんで和スイーツをおやつに買って帰りました。
3種類のおもち(草餅/つぶあん、みたらしだんご、道明寺/こしあん)がひとつにパックされた商品です。

私は食べ物のパッケージをしげしげと眺めながら、原材料名、成分表示など何気なく読み流すのが好きなのですが、この商品パッケージでふっと気づいた箇所があって。

片隅に中身の説明をしているイラストが印刷されているのですが、つぶあんとこしあんの描き分けだけでなく、みたらし団子の餡はとろーり感がでており、右端がちょこっとだけ垂れそうな形で、照りまで描かれていることに気付きました。

20200410_01.jpeg


このパッケージデザインがどのような分業で作られたのか私は知りません。
イラストレーターさんにイラレかなにかでイラストを依頼して、デザイナーさんがそれらを素材にデザインを行ったのかな?

いずれにしても、結果的にこのように小さく取り扱われるイラストに、注視しなければ見落としてしまうようなこだわりがあることにちょっと感動しました。このイラストを描いた人、もしかしたらこのイラストがどのようにデザインの中で扱われるのかわからないまま描いて納品したのかもしれません。しかし、描くことを楽しんだり細かいこだわりを行き届かせている感じが伝わってきてなんだか嬉しいです。

普段スルーされてしまっている場所に、ほんの小さな箇所に、だれかの心がこもっていると思うと、全てのものが色々な人の心の集まりでできているのだなという心地がします。

心の集まりでできている世の中、という想いで、今日、明日、明後日、その後も、優しい世の中になっていくといいなと思ったのでした。


posted by SUMICO at 10:49| パッケージデザイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。