2009年12月20日

【その後、階段の波状の手すりに敏感になっています】

10月に、京王線調布駅の「波状の手すり」について書きましたが、一度感心してしまうとあちこちで気になり始めるようです。

先日、たまたま通りすがった2カ所でも見かけました。

日本橋にある水天宮(最寄り駅は、東京メトロ半蔵門線の水天宮前駅)の階段。

20091220-01.jpg

東京メトロ明治神宮前駅の3番出口への階段。

20091220-02.jpg

これらは今までもこの形の手すりだったかなぁ・・・と考えても思い出せません。
でも、きっとまだまだあちこちで見つけることができるような気がします。

ただ、ちょっと思ったことなのですが、
この波状の手すりの波長は、階段の段に合ってないと意味ないですよね。

階段の一段の奥行きは、場所によって異なるであろうと仮定すると、波状の手すりには規格サイズというものはないのかな?
規格サイズが無いとすると、手すりを波状にするのにはコストがかかるのでは・・・

これは、本日の時点ではちょっとした思いつき的疑問のままです。
少し調べてみたら何かわかるのかしら。


posted by SUMICO at 19:01| Comment(0) | ユニバーサルデザイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。